MENU

全カテゴリ

PRS Custom24のオクターブチューニングの方法

この記事では、PRSのエレキギターCustom24でオクターブチューニングをする方法を解説します。

オクターブチューニング(オクターブ調整)をすると、高い音が出るフレットの音程が正確になります。

全体のチューニングの精度を上げたい方はぜひお試しください。

ブリッジのお尻にネジが6本並んでいるタイプであれば、ここで紹介する方法が使えます。

PRS Custom24のブリッジ

グレードや製造年が違うCustom24だと仕様が違うかもしれません。ご注意ください。

重要なポイントを先に書いておくと次の通りです。

  • 12フレットの音が高いとき
    ⇒ネジを時計回りに回す
  • 12フレットの音が低いとき
    ⇒ネジを反時計回りに回す
この記事で使用したギター

必要なもの

PRS Custom24のオクターブチューニングに必要なものは次の2つです。

  1. プラスドライバー
  2. チューナー

プラスドライバー

プラスドライバーは、ブリッジのお尻側のネジの大きさに合ったものを用意するのがおすすめです。

合わないサイズのドライバーを使うと、ネジ穴がつぶれてしまう可能性があります。

 

チューナー

チューナーについてはなるべく高精度なものを使うのをおすすめします。

たまにしかしない調整なので、しっかり音程を合わせておきましょう。

tc electronic UNITUNE CLIP 【UNITUNE CLIP レビュー】高精度クリップチューナーの決定版

手順1.チューニングと音程の確認

オクターブチューニングの作業は、弦一本ずつ進めます。以下の手順を6弦から順番に行ってください。

説明の中では、6弦を具体例として取りあげます。

普通にチューニングする

まずはギターを普通にチューニングしましょう。

6弦であれば、Eの音に合わせます。

一本ずつ作業するため、全ての弦をぴったりチューニングしなくても構いません。

12フレットの音を確認する

次に、チューニングが出来ている状態で12フレットを押さえた時の音をチェックします。

12フレットの音を確認する

6弦であれば、12フレットの音は開放弦よりも1オクターブ高いEになっているはずです。

明らかにEの音からずれている場合、オクターブチューニングが必要となります。

ここでは、12フレットの音がEよりも高いのか低いのかを確認してください。

これによって次の作業が変わってきます。

手順2.ブリッジのネジを回す

上の手順で確認した音程のズレ方向をもとに、ブリッジのネジを回します。

このとき下の写真のようにギターを布で覆うのがおすすめです。

布でギターを保護する

うっかりドライバーでギターに傷がつくのを防げます。

 

先ほど確認した音程のずれに合わせて、次のように作業します。

12フレットの音が高かった場合

ネジを時計回りに回します。

→サドルがお尻側に引っ張られて、ブリッジと12フレットの距離が広がります。

12フレットの音が低かった場合

ネジを反時計回りに回します。

→サドルがネック側に押されて、ブリッジと12フレットの距離が短くなります。

PRS Custom24のオクターブチューニング

手順3.もう一度チューニングして確認

ブリッジのネジをいくらか回したら、もう一度12フレットの音を確認する作業に戻ります。

ただしブリッジのネジを回すと、チューニングがずれてしまいます。

そこで、もう一度普通のチューニングをしてから12フレットの音を確認してみましょう。

自分が思った方向に音が変化しているかチェックしてください。

もしかすると勘違いして逆方向に調整している可能性もあります。

ネジを回したときサドルがどちらに動いているかもチェックすると、間違いを防ぎやすくなります。

12フレットの音がまだ大きくずれているようなら、手順2に戻ってネジを微調整してください。

こんなふうに、ネジを少し回す⇒チューニング⇒12フレットの音を確認という作業を繰り返しましょう。

【重要】完璧にオクターブチューニング出来るとは限らない

開放弦と12フレットの音はピッタリ合わせられるとは限りません。

これは今回使ったCustom24についても同様で、どれだけ微調整しても超完璧なオクターブチューニングは出来ません。

これはギターという楽器の限界のようなものです。

そのため誤差が許せる範囲内になったら、オクターブチューニングは完了と考えてOKです。

おわりに

以上、PRSのエレキギターCustom24でオクターブチューニングをする方法を解説しました。

弦交換をした後など、定期的に調整してみるのがおすすめです。

同じ形状のギターをお使いの方の参考になればと思います。

この記事で使用したギター

PRS Custom24の関連記事

01-prs-string-replace-thumbnail PRS Custom24の弦交換の方法【解説】 PRS Custom24の弦高を調整する PRS Custom24の弦高を調整する方法 PRSのネックを調整する PRSのトラスロッド(ネック)調整は1日に1/8回転まで

メンテナンス方法の関連記事

ギターのチューニングが安定しないときの対処法:ナット潤滑剤を使う エレキギターのピッチが合わないときの2つの対処法 anti-rust-eyecatch ギターの弦を長持ちさせる方法【錆びづらくして寿命を伸ばす】 エレキギターの指板を手入れする 専用オイルでギターの指板を手入れする方法 金属用研磨剤ピカール エレキギターの金属パーツを磨いてサビを落とす方法【ピカールを使う】

メンテナンス方法の記事を見る

メンテナンスグッズの関連記事

ポリッシュ剤・オイル ギター用ポリッシュ剤・オイル系アイテムのおすすめ エレキギター弦の おすすめ エレキギター弦の比較レビューとおすすめ ストリングストレッチャ 【ストリングストレッチャの使い方】チューニングの安定を早める道具 指板潤滑剤フィンガーイーズ 【フィンガーイーズの使い方と効果】弾きやすさと防錆について ghs FAST-FRET 【ghs FAST-FRETレビュー】弦に直接塗るタイプの指板潤滑剤

メンテナンスグッズの記事を見る