PRS custom 24 10top レビュー【見た目も弾き心地も、やっぱり格別です】

PRS CUSTOM24 10top

今回は、僕が所有しているエレキギターの1つ、Paul Reed Smithのcustom 24をご紹介します。

某楽器店にて新品で購入し、お値段は税込およそ38万円ほどしました。

非常に高額な買い物でしたが、楽器としてのクオリティは申し分なく、後悔は全くありません。

PRSのギター、特にcustom24が気になっている方はぜひご覧ください。

基本情報

まずは、基本的な情報は次の通りです。

  • 種類:custom24(10top)
  • 色:Livingston Lemondrop(リヴィングストン・レモンドロップ)
  • 製造年:2013年(購入も2013年)
  • 購入時の価格:新品約38万円

代表モデルであるcustom24

PRS custom24

本機は、PRSのギターのモデルの中でも最もポピュラーな「custom24」です。

僕はPRSの歴史には詳しくはないのですが、色々あるラインナップの中でも一番の代表機種が欲しいと思いました。

僕が買ったcustom24はSEやS2といった下位のグレードではありません。反対に、Artist PackageやPrivate Stockといった上位のグレードでもありません。

PRSの中ではいわばレギュラーといった位置づけになるでしょう。

木材

使われている木材は次の通り。

  • ボディバック:マホガニー
  • ボディトップ:フレイムメイプル
  • ネック:マホガニー
  • 指板:ローズウッド

僕は木材ごとの違いなど正直よく分かりません。

ただ唯一、フレイムメイプルの見た目だけはとても気に入っています。

僕が購入したcustom24は「10top」と呼ばれる木目が特に美しい個体です。

10topという名前は「10本のうち1本の木目の美しさ」を表しているそうです。

確かに店頭でいくつかのPRSを眺めてみると、自然の産物である木目は当然バラバラです。中には目立たない木目もあれば、存在感バツグンのはっきりした木目もありました。

 

僕がチョイスしたのはキルトメイプル(鱗のような模様)ではなく、フレイムメイプル(横線の模様)。僕はこっちの方が断然好みです。

Livingston Lemondropという黄色系の色と相まって宝石あるいは、美味しそうな蜂蜜のように見えます。

普段弾いているときはボディの美しさを気にする機会はそれほどないのですが、スタンドに立てかけて眺めてみた時にその良さをいつも実感します。

重さは3.6kg

重さは3.6kgと、重くなく軽くもなくといった感じです。

個体差もありますが、ストラトとレスポールのだいたい中間くらいでしょうか。

 

面白いことに、ボディの形も両者のハーフみたいになっています。

ダブルカッタウェイはストラトですが、お尻の方はレスポールのようにふっくらしています。

PRS custom24のハードウェア

それでいて、座って弾いた時にレスポールのようにお尻側にずり落ちそうになることはありません。

ボディの厚みはストラトと同じくらい。体に当たる部分もストラトと同じようにめんどりされているため、体にピタッとフィットして弾きやすいです。

ハードウェア情報

続いて、ハード面をチェックしていきます。スペックは次の通りです。

  • フレット数:24
  • ピックアップ:ハムバッカー×2
  • ピックアップスイッチ:5段階
  • ボリューム、トーンツマミそれぞれ1つずつ
  • トレモロユニット

同じ画像を再掲↓

PRS custom24のハードウェア

フレットの側面がツルツル

custom24の「24」はフレットの数です。custom22という兄弟機だとフレット数は22本になります。

側面がツルツルに磨かれていて弾きやすく感じます。

ピックアップは2H仕様

ピックアップは、ハムバッカータイプが2つ搭載されています。

タグの情報によると、「57/08」というモデル使われているようです。もちろん2つは同じものではなく、フロント用・リア用に設計されているはずです。

prs custom24の情報タグ

コントロール類

コントロール系は1ヴォリューム、1トーン、スイッチのみとシンプルです。

下記の取扱説明書にはピックアップの挙動もまとめられています。

(ポジション4の「slug coil」とは何なのでしょうか)

PRS custom24 取扱説明書

ボリュームとトーンのノブはけっこうスルスル回転します。

ボリュームは位置の関係上、弾いている時にいつの間にか動いてしまうことが多いです。調整でもっと固く出来るんでしょうか。

付属ハードケースも高品質

なかなか値の張るギターだけあって、付属するハードケースのクオリティも高いです。これだけで何万円もの価値があると思います。

ケースからは独特の甘い匂いがぷ~んと立ち上ってきます。何かで例えることの出来ない不思議な匂いです。

堅牢な作りのため、ギターを入れるとかなりの重量になります。楽器店で購入して家に持って帰るときは腕が千切れそうになりました。

楽器店から自宅まで手に持って運ぼうとしている方は、この点に注意してください。力のない女性や子供だと途中で力尽きると思います。

美しいバードインレイ

PRSのといえばバードインレイ

フレットの間に配置された鳥のマークのことです。これはPRSをを特徴づける大きなポイントだと思います。

このデザイン自体には何の実用性もないのですが、テンションが上ります。

PRS custom24のバードインレイ

PRSのバードインレイと一口に言っても、その仕上がりは実はグレードによって結構違います。

例えばSEだとちょっともさっとしたデザインなのが、レギュラーになるとくっきりしてくる感じです。

お店でグレードの違うPRSを目にする機会があったら是非注目してみてください。

楽器としてのクオリティは文句なし

僕は気楽な趣味としてギターを弾いていますので、その上では文句のつけようがないクオリティです。

というと、「じゃあこのcustom24と安いギターは何が違うの?」という疑問が湧いてくると思います。

それに対する僕なりの回答は次の2つです。

  1. 音のニュアンスの幅が広い
  2. デザインが凝っている

ニュアンスの幅が広い

実用的な面でいうと、安いギターに比べて「音の表情の多様性」の点で特に優れていると感じました。

別にこのギターを使ったからといっていきなり上手く弾けるようにはなりません。

むしろこのギターは、「下手なものは下手に、上手いものは上手く」表現します。

つまり、良くも悪くも弾き手の表現力がそのまま反映されるという感じです。。

正直なところ僕のギターの腕はそれほどでもなく、PRSが特に必要なレベルでもありません。

それでも、自分で好きだなぁと思って買ったギターで練習するのは純粋に楽しいものです。

デザインが凝っている

バードインレイをはじめとするデザインや絶妙なシェイプ、気持ちのいい塗装は簡単に作れるものではありません。

実際に触ってみると、「これを作るのは確かにお金がかかるよね」と実感します。

おわりに

以上、Paul Reed Smith custom24 10topについてのレビューでした。

custom24といっても生産年によって仕様は少しずつ変わっているはずです。ここに書いた内容は、雰囲気を掴むための参考として知っていただければと思います。

PRSの購入を検討している方の参考になれば幸いです。