エレキギターの金属パーツを磨いてサビを落とす方法【ピカールを使う】

金属用研磨剤ピカール

この記事では、エレキギターの金属パーツを磨く方法を写真と具体例で解説します。

新品のときはピカピカだった金属パーツは時間とともにくすんだり錆びたりします。

金属パーツは研磨剤で簡単にキレイにできるため、劣化が気になった方はぜひ試してみてください。

【注意点】

具体的な説明に入る前に、次の2つの注意点に触れておきます。

  1. 金メッキに研磨剤は使えない
  2. 金属以外の部分を保護する

金メッキには使えない

金属用研磨剤は金メッキには使えないことに注意してください。

僕は金メッキのギターを持っていないため検証はしていないのですが、金メッキを研磨剤で磨くとメッキが剥がれてしまうそうです。

周りを保護する

研磨剤が金属以外の部分につくと傷みの原因になります。

そのため、次のような対策をするのがおすすめです。

  • 外せるパーツは外して磨く
  • 周りをマスキングテープなどで保護する

特に、ギターのフレットを磨く際はマスキングテープなどによる保護は必須です。

フレットを磨く方法は下記の記事で個別に解説しています。あわせてご覧ください。

フレットをキレイな布で乾拭きする様子 ギターのフレットを磨く方法と効果【解説】

金属パーツを磨くために使うもの

ここから、金属パーツを磨く方法について解説していきます。

必要なもの+あったらいいものとして、次の3つがあります。

  1. 金属用研磨剤
  2. 手袋

金属用研磨剤

金属用研磨剤を使うと、金属のくすみやサビを落としてピカピカにできます。

もちろんギターのパーツだけでなく色々なものに使えるので、家に1つあると便利です。

具体的な製品としてはピカールが有名で、僕も使っています。

金属用研磨剤ピカール

ピカールの使い方は次の通り簡単です。

  1. ふたをしたままピカールの缶をよく振る
    (放っておくと中身が分離するため)
  2. 柔らかい布などにとって、金属を磨く
  3. 最後に、きれいな布でもう一度拭く

金属用研磨剤は柔らかい布にとって使います。

僕がおすすめするのはワイプオールという紙雑巾です。

たくさん入っているため気軽に使い捨てできます。

ワイプオール

【あると便利】手袋

長い時間作業するなら、何かしら手袋があると便利です。

研磨剤はけっこう匂いがするため、手を汚したくない方はぜひ。

例1.金属製のペグを磨く

1つ目の例として、金属製のペグを磨く様子をご紹介します。

クリーニングするのは下記のペグです。

磨く前のペグがついたヘッド

6年間一度も磨いていない状態で、特に5・6弦のペグが錆びついています。

 

もし可能であればペグは本体から取り外しましょう。

その方が圧倒的に作業しやすいですし、ヘッドなど関係ないパーツを汚す心配もありません。

ペグはドライバーで外せるタイプが多いです。

下の画像は取り外した5・6弦のペグです。

ピカールで磨く前のペグ

ペグ自体はどれだけ錆びても演奏上の問題はありませんが、それにしてもひどい状態です。

 

ピカールとワイプオールで根気よく磨くと、こんなにキレイになりました。

ピカールで磨いた後のペグ

完璧な鏡面状にはなりませんが、見違えるほどキレイになったのが写真でもはお分かりいただけると思います。

見た目がピカピカになっただけでなく、手触りもツルツルになりました。

 

6つ全てのペグを磨いて装着。新品同様とはいかずとも、見違えるほどキレイになりました。

ペグを磨いた後のヘッド

見た目もそうですが、ペグはチューニングのたびに触る部分ですので、ツルツルだと気持ちがいいです。

 

例2.ピックアップの金属製カバーを磨く

2つ目の例として、ピックアップのカバーを磨いてみます。

こちらの画像は磨く前の様子で、錆とは言わないまでもややくすんでいます。

磨く前のハムバッカー

ピックアップを外すのはかなり面倒なため、周りをマスキングテープなどで保護して作業するのがおすすめです。

 

磨いた後がこちら。鏡みたいになりました。

磨いた後のハムバッカー

ちなみに、磨く前と後で音の変化は感じませんでした。

おわりに

以上、金属用研磨剤を使ってエレキギターの金属パーツを磨く方法をご紹介しました。

とても簡単にできるので、金属パーツの劣化が気になってきた方はぜひ試してみてください。

ストラップロック ギターのおすすめ便利グッズまとめ メンテナンスグッズ ギター用メンテナンスグッズのおすすめ フレットをキレイな布で乾拭きする様子 ギターのフレットを磨く方法と効果【解説】 FERNANDES LEMON OIL 専用オイルでギターの指板を手入れする方法 フィンガー・イーズ 【フィンガーイーズの使い方と効果】弾きやすさと防錆について