自宅でエレキギターの録音をする方法まとめ【アマチュア向け】

シミュレータソフトの例

この記事では、アマチュアが自宅でエレキギターの録音をする方法について解説します。

結論から書くと、趣味の範囲で自宅でレコーディングするなら次の2つの方法がおすすめです。

  1. マルチエフェクター(アンプシミュレータ)を使う
    (LINE6のPODシリーズ、BOSSのGTシリーズなど)
  2. PC上のシミュレータソフトを使う
    (BIASシリーズ、Amplitubeシリーズなど)

これら2つも含めて、この記事で紹介する方法にはそれぞれ良いところと悪いところがあります。

そういった要素を考えた上で、ご自身にあった録音の方法が見つかれば幸いです。

アンプとマイクで録音するのは非現実的

エレキギターの本格的な録音はアンプの前にマイクを置いてするのが一般的です。

しかしこの記事ではこの方法はおすすめしません。

その理由は、

  • アンプを十分に使えない環境もある
  • マイクのセッティングにもコツがいる
  • 他にもっとお手軽な方法がある

アンプを使えない環境もある

エレキギターはアンプを使って音を鳴らす楽器ですから、アンプを使って録音できればそれが理想です。

しかし自宅での録音となると、必ずしもアンプが使えるとは限りません。

例えば壁の薄い賃貸住宅ではアンプそのものを鳴らせないこともあります。

もし一応アンプが使える環境でも、録音のために十分な音量を出せなければあまり意味がありません。

マイクのセッティングにもコツがいる

マイクを使った録音といっても、そのセッティングだけで技術がいります。

マイクの三次元的な位置、角度で音はかなり変わるからです。

録音しようと思うたびにそんな手間をかけるのは、アマチュアには荷が重すぎます。

他にもっとお手軽な方法がある

第三の理由として、これから紹介するようなシミュレータを使った方法なら、もっと安く簡単に録音ができます。

アマチュアのレベルであれば、そういう方法でも十分すぎる音質が得られます。

それを差し置いてアンプとマイクの方法にこだわる理由はないと思います。

よほど環境が整っていたりこだわりがある場合を除き、アマチュアならこれから紹介する方法を使うのがおすすめです。

1.マルチエフェクター(アンプシミュレータ)を使う

マルチエフェクターの例

まずおすすめするのは、マルチエフェクター(アンプシミュレータ)を使う方法です。

以下、簡単にマルチエフェクターと呼ぶことにします。

マルチエフェクターと呼ばれる機材と使うと、実際のアンプから出てきたような音をヘッドホン上で作れます。

こういった製品にはシミュレートされたエフェクターやアンプがいくつも用意されているため、それらを組み合わせて作れる音の幅はかなり広いです。

 

ある程度のマルチエフェクターになると、PCに直接つないで音を送る機能を持っていることが多いです。

この機能がそのまま録音に使えます。

この場合の環境は次のようになります。

ギター

マルチエフェクター

PC

音はヘッドホンから聞けるので、実際のアンプのように部屋に鳴り響くことはありません。

これならアンプが使えない環境でも録音が出来るというわけです。

さらに構成がシンプルであるため、PC側でソフトの準備さえできれば取り組みやすい方法だと思います。

具体的な製品の例

マルチエフェクターの例としては、次のようなものがあります。

  • LINE6のPODシリーズ
  • BOSSのGTシリーズ、MEシリーズ
  • MOOERのGEシリーズ

これはごく一部の例で、色々なメーカーから同じような製品が発売されており、選択肢はかなり多いです。

製品によって「マルチエフェクター」や「アンプシミュレータ」、「マルチプロセッサ」などの呼び方がありますが、基本的には同じものだと考えて問題ありません。

例えば、僕はこれまでにBOSSのME-25やLINE6のPOD HD500XMOOER GE150といった製品を買って使ってきました。

製品選びで気をつけるポイント

マルチエフェクター系の製品はピンからキリまであります。

安いものでは1万円程度から、そして高いものになると数十万円の製品もあります。

音の質が値段に完全に比例するわけではないのですが、僕が使った限り、値段が高いほうがやっぱり音はいいと思いました。

製品選びにあたって気をつけてほしいのは、PCにつないで録音ができるかどうかです。

これは「オーディオインタフェースの機能」と呼ばれることが多いです。

2万円を超える製品には大体この機能があると考えて差し支えありません。

詳しい方法こちらから

下の記事ではマルチエフェクターを使った録音の方法を詳しく解説しています。

深く知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

マルチエフェクターでエレキギターを録音する手順【解説】

2.PC上のシミュレータソフトを使う

2つ目に、PC上のソフトで音作りをしてそれを録音する方法もあります。

そういったソフトの言い方は色々あるのですが、ここではそれをざっくりと「シミュレータソフト」と呼ぶことにします。

例えばBIAS FX 2というソフトを使うと、下のように画面上で音作りが可能です。

シミュレータソフトの例

やっていることはマルチエフェクターと全く同じです。

PC上でシミュレートされたエフェクターやアンプを通して、本物らしい音を作れます。

オーディオインタフェースが必要

この場合ギターの音をPCに送るために、オーディオインタフェースと呼ばれる装置が必要です。

オーディオインタフェースとは、エレキギターとPCを接続するための装置だと考えてください。

この方法の構成は、下のようになります。

ギター

オーディオインタフェース

PC

例えば、僕はこれまで次の製品を使ってきました。

Roland Rubix24 【Roland Rubix24レビュー】ハードウェアコンプ搭載のオーディオインターフェース Steinberg UR22mkII 【UR22mkIIレビュー】CUBASEが付属するオーディオインタフェース

 

この手のオーディオインタフェースの使い方は、下記の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

PCとギターを接続する エレキギターとPCを接続する方法【オーディオインタフェースを使う】

具体的なソフトの例

この手のシミュレータソフトにも色々あります。

中でも僕がおすすめするのは、上でも名前だけ紹介したPositive Gridが制作するBIAS(バイアス)シリーズです。

使える音への辿り着きやすさ、価格、使いやすさを総合すると、これが一番だと思いました。

もう一度同じ画像を掲載します。

シミュレータソフトの例

具体的にシミュレータソフトを選ぶ際には、ぜひチェックしてみてください。

体験版もありますので、オーディオインタフェースをお持ちの方は今すぐに使えます。

BIAS FX 2の画面 【BIAS FX 2 レビュー】初代からさらに進化した高音質ギタープラグイン

 

また、BIAS FXを使った録音の全体像も下の記事で解説しています。

BIAS FXを使った録音 BIAS FXでギターを録音する方法【プラグインとして使う】

おわりに

以上、自宅でエレキギターの録音をする方法をまとめました。

結論を繰り返すと、これから初めて録音をしてみたいという方には次の2つの方法がおすすめです。

  1. マルチエフェクター(アンプシミュレータ)を使う
    (LINE6のPODシリーズ、BOSSのGTシリーズなど)
  2. PC上のシミュレータソフトを使う
    (BIASシリーズ、Amplitubeシリーズなど)

どちらの方法でも録音は出来ますので、動画でサウンドをチェックしたり、ご自身の用途を考慮したりして方法を選んでみてください。

皆さまのお役に立てば幸いです。

マルチエフェクターのおすすめ5選 マルチエフェクターでエレキギターを録音する手順【解説】 PCとギターを接続する エレキギターとPCを接続する方法【オーディオインタフェースを使う】 Roland Rubix24 【Roland Rubix24レビュー】ハードウェアコンプ搭載のオーディオインターフェース BIAS FX 2の画面 【BIAS FX 2 レビュー】初代からさらに進化した高音質ギタープラグイン