エレキギターを始めるときに必要な7つのもの

今回は、エレキギターを始めるときに必要なものをご紹介します。

あったらいいものはたくさんありますが、最初は次の7つがあれば大丈夫です。

  1. ギター本体
  2. アンプ
  3. シールド
  4. ピック
  5. スタンド
  6. チューナー
  7. クロス(布)

以下、これらについて1つずつ解説していきます。

エレキギター本体

エレキギター

まずは何と言っても、エレキギター本体が必要です。

最初にどんなギターを買えばいいか、正解はありません。

1本目のギターの選び方について書き出すと長くなるので、下記の記事をあわせてご覧ください。

初心者は1本目のエレキギターをどうやって選んだらいいか

エレキギター用アンプ

エレキギターのアンプ

エレキギターは基本的にアンプがあって初めて成り立つ楽器です。

ある程度大きな音が出せる環境に住んでいる方は、ぜひアンプも用意してください。

最初から高価なアンプを買う必要はありませんが、予算は1万円以上と考えておくのが妥当です。

シールド

ギター用シールド

エレキギターとアンプをつなぐケーブルのことを「シールド」と呼びます。

最初はエレキギターとアンプを直接つなぐだけでいいので、用意するのは1本でOKです。

シールドも最初はそこまでこだわる必要はありません。

個人的には、CANARE(カナレ)の3mのものを買っておけば間違いないと思います。

1000円程度のものもありますので、予算と相談して選んでみてください。

ピック

ギター用ピック

エレキギターは基本的にピックで弾く楽器です。

ピックは基本的に100円~150円くらいで買えます。

楽器屋ならどこにでも置いているので、見た目や厚さ・大きさも色んなものがあるので自由に買って試してみてください。

個人的なおすすめはJim Dunlop Jazz-IIIというピックです。程よい硬さと尖り具合で単音が弾きやすいです。

ギタースタンド

ギター用スタンド

ギターを弾かない間保管するにはギタースタンドを使います。

ギターを壁などに直接立てかけておくと、倒れてネックが折れたり、大きな傷がついたりする原因になります。

そんなに高いものでなくてもいいので、1本用意しておきましょう。

最初は2000円程度で買えるスタンドでOKです。

チューナー

クリップ式チューナー

ギターを弾く前には、チューニング(音程を合わせること)をする必要があります。

チューナーについても最初は簡単なものでかまいません。

ヘッドにくっつけるクリップ式のチューナーは1000円~2000円で買えて、便利なのでおすすめです。

クロス(布)

ギター用クロス

ギターを弾いた後は、弦に手の油や汗がついて、そのまま放っておくと弦の劣化が早くなってしまいます。

そこで、弦を拭くためのクロス(布)を用意しましょう。

といっても、弦を拭くだけならそのへんのタオルでも構いません。

ギターようにしてもいいタオルがあるなら、当面の間はクロスを買わなくても大丈夫です。

一方、ギターのボディを掃除するなら専用のクロスを用意しましょう。

あったら便利なもの

ここまでに紹介した7つのものを用意すれば、エレキギターを始めるのに必要な準備は整いました。

一方、なくてもいいけどあったら便利なものを2つ紹介します。

ストラップ

ギター用ストラップ

エレキギターを立って弾くためには、ストラップと呼ばれる道具が必要です。

ギターのピンに引っ掛けて使います。

1000円程度で買えるので、最初から立って練習したい、という方は合わせて用意しておきましょう。

ERNIE BALL製のストラップは1000円以下で買えて、作りもしっかりしているのでおすすめです。僕も最初はこれでした。

交換用の弦

余裕があれば、交換用の弦を予備として1セット買っておくのをおすすめします。

予備がない状態で弦が切れてしまって、それから買うとなるとちょっと面倒くさいです。

初心者はダダリオかアーニーボールの500~600円の弦をおすすめします。定番の弦なので間違いありません。

ストラトキャスターやレスポールなどのメジャーなギターでは10-46のゲージ(太さ)を選べばOK。

まとめ

以上、エレキギターを始めるにあたって最低限そろえるべき7つのものについてまとめました。

もう一度確認すると、以下の7つがあればエレキギターを始められます。

  1. ギター本体
  2. アンプ
  3. シールド
  4. ピック
  5. スタンド
  6. チューナー
  7. クロス(布)

加えて、立って弾くためのストラップと交換用の弦1セットもあると安心です。

他のものを揃えるのは後からでも遅くはありません。

まずは必要最小限のものを揃えて、さっそくギターを始めましょう。