初心者は1本目のエレキギターをどうやって選んだらいいか

この記事では、1本目のエレキギターをどうやって選んだらいいかというテーマで解説していきます。

これからエレキギターを買って始めようという方は、その選び方で多かれ少なかれ悩むでしょう。

僕の考えでは、次の3つを守れば安心してエレキギターを始められます。

  1. 見た目が気に入ったギターを選ぶ
  2. 店頭で買う
  3. 予算を3万円以上とする

といっても、どこでどんなギターを買っても致命的な失敗はまずありません。

なのでこの記事では、例えば「3万円以下のギターは絶対買ってはいけない」とか「通販は絶対NG」と主張するつもりはありません。

あくまで「こういう基準で選べばより安心」という程度に考えてください。

見た目が気に入ったギターを選ぶ

初心者の方に一番おすすめしたいのは、単純に見た目が良いなと思ったギターを選ぶということです。

見た目が良いの基準はカッコいい、可愛いといったポジティブな印象であれば何でも構いません。

注目した部分がギターの形でも、色や木目でも何でもOKです。

なぜ見た目で選ぶのがいいかというと、ギターにおいて一番大事なのは楽しむことだからです。

見た目が好みのギターを弾いていると自然とワクワクしてきます。

するとモチベーションが上がって練習に身が入り、上手くもなる。するともっとギターが楽しくなって、さらに上手くなる…という好循環が起きます。

店頭で買う

1本目のギターということであれば、店頭で買うのをおすすめします。

なぜかというと、何かトラブルが起きたとき、すぐに面倒を見てくれるからです。

初心者のうちはトラブルへの対処方法が分からないどころか、何がトラブルで何が正しいのかすら分かりません。

そこで近くにサポートしてくれる場所があると、安心してギターを始められるというわけです。

とはいえ、初期不良などのトラブルにそこまでおびえる必要はありません。なぜなら売る方としても、きちんと検品してから客に引き渡しているからです。

実際、僕はこれまで店で6本のギターとベースを買ってきましたが、一度もトラブルはありませんでした。

例外:まともな範囲内に楽器屋がない場合

住んでいる場所によっては、通販を利用するしかない方もいると思います。

楽器屋まで行くのに何時間もかかるなら、店頭での購入にこだわる必要は全くありません。

そういう場合であれば通販で好みのギターを選んで買う、という方法でも大丈夫です。

まともなショップであれば通販でも購入後のサポートはあります。あくまで店の方が身近だから安心できるということです。

できれば予算を3万円以上とする

エレキギターといっても値段はピンからキリまでです。

通販には6,000円で買えてしまうものがある一方、楽器屋に足を運べば何十万円もするギターが普通に置いてあります。

1本目のギターの値段に絶対的な正解はありませんが、予算を3万円としておくのをおすすめします。

なぜかというと、ある程度しっかりしたギターを買った方が当然弾きやすくもなりますし、長く使うこともできるからです。

例えば、後で10万円のギターを買ったとしても、1本目に買ったギターはサブとして十分使い続けられます。

もちろん、最初から10万円や20万円の予算があって、偶然ときめいたギターがそれくらいの値段ならぜひ買ってください。

人によって使えるお金は違うので、初心者だから高いギターを使ってはいけないなどということはありません。

例外:小さく始めてみたい場合

例外として、「長く続けるかどうかは分からないが、とりあえず小さく始めてみたい」という方であれば予算3万円は無視してもかまいません。

いわゆる初心者セットでもいいと思います。

初心者セットは安価ながら、エレキギターを始めるのに必要なものが本体を含めて揃っています。

それが長く使い続けられないものだとしても、「なるべく小さく始められる」「自分がギターに向いているか確かめられる」という点はメリットです。

まとまった予算が組めないからギターを始められないと悩むくらいなら、初心者セットでもいいのでぜひ始めてみてほしいと思います。

まとめ

以上、初心者が1本目のエレキギターを選ぶ方法について解説しました。

もう一度まとめると、次の3つを守ると安心してギターを始められます。

  1. 見た目が気に入ったギターを選ぶ
  2. 店頭で買う
  3. 予算を3万円以上とする

エレキギターを始めるのに必要なものはこちらの記事で解説しています。何を揃えたらいいか分からない方はあわせてご覧ください。

エレキギターを始めるときに必要な7つのもの