MENU

全カテゴリ

エレキギターのチューニング方法

この記事では、エレキギターのチューニングをする方法を解説します。

基本的なポイントから写真つきで丁寧にまとめましたので、ギターを始めたての方はぜひご覧ください。

チューニングとは

チューニングとは、ギターの弦の音程を合わせることです。

ギターは音程が狂いやすい楽器ですので、演奏のたび毎回チューニングすることをおすすめします。

この記事では、チューニングの中でも代表的なレギュラーチューニングを扱います。

MEMO

チューニングには半音下げチューニングドロップDチューニングなど色々なタイプがあります。

この記事は初心者向けということなので、これらの変則的なチューニングについては名前だけ紹介するに留めます。

レギュラーチューニングとは

レギュラーチューニングは一番よく使われるチューニングです。まずはここから覚えましょう。

弦の数え方

ギターの弦はふつう6本あり、細い方から順番に1弦、2弦…と数えます

下の2つのタイプを頭に入れておけばOKです。

1.ヘッドの片側にペグ(糸巻き)が並んでいるタイプ
(ストラトキャスタータイプなど)

ストラトキャスターの弦の数え方

 

2.ヘッドの両側にペグが並んているタイプ
(レスポールタイプなど)

レスポールの弦の数え方

EADGBEに合わせる

レギュラーチューニングでは、次のように音を合わせます。

  • 6弦:E(ミ)
  • 5弦:A(ラ)
  • 4弦:D(レ)
  • 3弦:G(ソ)
  • 2弦:B(シ)
  • 1弦:E(ミ)
注意

音階の呼び方はドレミファソラシドが馴染み深いですが、ギターの世界ではCDEFGABCが一般的です。

コードもアルファベットで呼ぶので、少しずつ慣れていきましょう。

 

例えば、ヘッドの片側にペグが並んでいるタイプのギターでは次のように音を合わせます。

レギュラーチューニングで合わせる音

チューニングの方法

チューニングは太い弦から行うのが一般的です。

6弦から順番に音程を合わせていきましょう。

ペグを回す方向と音程の関係は次のとおりです。

ペグの回す方向と音程の変化

もう一度確認すると、レギュラーチューニングでは次のように音を合わせます。

  • 6弦:E(ミ)
  • 5弦:A(ラ)
  • 4弦:D(レ)
  • 3弦:G(ソ)
  • 2弦:B(シ)
  • 1弦:E(ミ)

 

チューナーの針が真ん中で安定すればチューニングできています。

チューニングできている様子

この調子で6弦→1弦とチューニングを進めてください。

6弦に戻るとずれている

6弦から1弦まで音を合わせたら、もう一度6弦の音をチェックしてみてください。

おそらく6弦の音程がまた少しずれていると思います。

これはなぜかというと、6本の弦が協力してネックを支えており、張力が互いに影響しあっているからです。

そのため、1周しただけではチューニングが合うことは基本的にありません。

普通のギターであれば、2周くらいチューニングすればほとんど音程が合うはずです。

フロイドローズだともっとずれる

下のような複雑なブリッジを、フロイドローズ(タイプ)と呼びます。

フロイドローズタイプのブリッジ

このタイプのブリッジが搭載されているギターでは、弦どうしが特に強く影響し合っています。

このタイプのギターでは、弦を交換した直後には何周もチューニングをしないと音程が合いません。故障ではないので安心してください。

フロイドローズタイプのチューニングについては下の記事で詳しく解説しています。

チューニング作業 フロイドローズ(ロック式ギター)のチューニング方法

おわりに

以上、エレキギターのチューニング方法を解説しました。

これでギターを弾く準備は完了です。

チューニングが終わったら、実際にアンプを使って音を出してみましょう。

ギターアンプの使い方 エレキギターとアンプのつなぎ方と使い方【解説】