エレキギターのジャックにガリが出るときの対処法

ジャックに吹きかける

今回は、ギターのジャックが原因でガリが出る場合の対処方法について。

ギターに挿したシールドをちょっと動かすだけで大きなノイズ(ガリ)が出ることがあります。

これは基本的に、ジャックの接触不良が原因です。シールドを挿す穴をジャックといいます。

エレキギターのジャック

結論から書くと、接点復活剤と呼ばれる道具を使うとほとんどの場合ガリが取れると思います。

ガリでお困りの方はぜひご覧ください。

接点復活剤で接触不良を治す

接点復活剤とは、電子機器の接触不良を治すための道具です。

僕が使っているのは、楽器用の接点復活剤「METAL CONTACT」という製品です。

スプレーを吹きかけるだけなので、誰でも簡単に使えます。

楽器用である必要はない

僕が使っているのは楽器用の接点復活剤ですが、必ずしも楽器用である必要はありません。

KUREから発売されている接点復活スプレー#1424でも同じ効果が期待できます。

僕自身ギターにKUREを試したことはないので、もし使う場合は自己責任でお願いします。

ジャック交換はしなくていい

ジャックで接触不良が起こっている場合、パーツとしてのジャックごと交換してしまうという方法もあります。

しかし、アマチュアがガリを対処する場合、そこまで考えなくていいと思います。

パーツ交換は大変ですし、接点復活剤だけでも十分な効果があるからです。

METAL CONTACTを使ってみる

では、ここからMETAL CONTACTを使ってジャックの接点不良を治す様子をご紹介します。

とても簡単です。

 

こちらがMETAL CONTACT。普通のスプレー缶です。

METAL CONTACT

 

ノズルが付属しているので、それを取り付けます。

metal contactにノズルを取り付ける

 

ガリが出るギターのジャックにノズルを差し込み、一瞬だけ吹きかけます。本当に一瞬だけでOKです。

ジャックに吹きかける

 

普段使っているシールドを数回抜き差しします。スプレーの液を馴染ませるイメージです。

シールドを抜き差しする

 

これで作業は完了。

この方法で、僕が持っているギターのガリも取れました。具体的には、次の2本です。

割と高価なギターでもガリは出ます。

長くギターを弾くなら持っておいて損はない

このように、接点復活剤を使うと、ジャックを交換するまでもなくガリを取ることが出来ます。

一度に使うのは一瞬なので、持っておくとずいぶん長い間使えると思います。というか個人だと死ぬまでに使い切れるかさえ微妙です。

ガリが気になる方はぜひ検討してみてください。