【Tokai LS160 レビュー】国産クオリティの上質レスポールコピーモデル

TokaiレスポールLS160

今回は、僕が所有するギターの一つ、TokaiのLS160のご紹介。

LS160はいわゆるレスポールのコピーモデルです。楽器屋さんで新品を134,400円(税込み)で購入しました。

使用感を一言で言うと、国産ゆえなのか、トラブルもなく満足して使えています。コピーモデルを検討する上では、良い選択肢だと思います。

LS160というモデルは2018年4月現在、すでに生産終了していますが、LSシリーズは継続しています。

この記事では、Tokai製のレスポールの雰囲気が伝わればと思います。

Tokai(トーカイ)について

まずは、Tokaiというブランドについて少々。

Tokaiは、東海楽器製造株式会社という日本の会社が持つブランドです。

個人的に一番印象的なのは、公式Webサイトがインターネット黎明期的なデザインから進化していないところです。

【関連リンク】東海楽器製造株式会社

制作しているギターという点では、アルミ製のボディを持つ「Talbo」が一番有名かと思います。

GLAYのギタリストHISASHIさんが使っているので、見たことがある方は多いかと。

TokaiはTalboのようなオリジナルのギター以外にも、ストラトやレスポールといったポピュラーなギターのコピーモデルも作っています。

今回ご紹介するLS160はそのうちの一つです。

日本製のレスポール

LS160に特徴を見出すとすれば、それはLS160が日本のブランドによるもので、なおかつ日本製であることだと思います。

僕が数あるレスポールからLS160を選んだ一番大きな理由は、まさにこれでした。

本家Gibsonにこだわらずレスポールがほしいというところまでは決まっていて、次に注目したのが製造地です。

日本人として、自国のクラフトマンが組み上げた国産が欲しかったという気持ちがありました。

ちなみに僕にとってLS160は2本目のギターでした。

 

「国産レスポール」と言っても、それほど選択肢は多くないように思います。日本のブランドでも、作っているのは韓国や東南アジアということが多いですからね。

僕がブランドに精通していないこともあると思いますが、momoseや島村楽器のブランドHISTORYは多分国産だと思います。Navigatorとかもそうでしょうか。

当時はこれとTokaiくらいしか知りませんでした。

それくらいの知識のもと、ざっくり言うと

  1. Tokaiのレスポールが一番安価だった
  2. ハードケース付きだった
  3. 風の噂でTokaiの評判が良かった

という理由から、LS160を選びました。

 

LS160のヘッドの裏には「MADE IN JAPAN」の文字があります。

完全に偏見も混ざっているとは思うんですが、やはり国産というのは不思議と安心できます。

LS160 made in japan

ハードケースが付属

LS160には、ソフトケースではなくハードケースが付属します。

実はハードケース付きのギターというものに憧れていまして、これがギター選びの必要条件でした。

ハードケースは、これだけでも数万円するのではないかというくらいしっかりした作りに感じます。

ある程度頑丈そうでありつつも、重量はそれほどでもありません。蓋をロックする箇所がいくつかあり、そのうち一箇所は鍵をかけることが出来ます。

Gibsonのレスポール用ハードケースは見たことも触ったこともないのですが、こんな感じになっているのでしょうか。

 

ハードケースは外側がブラウンにも関わらず、開けてみると中は鮮やかなピンク一色になっています。

そのギャップが面白くて、初めて開けたときはとてもワクワクしました。

当たり前ですがギターがスポッとジャストフィットするように出来ています。

 

ギターのネック付近にパカッと開くスペースがあります。

ここに保証書やトラスロッドの調整器具が入っていました。開けた空間内もしっかりピンク色です。

 

ケース側面には「Tokai Love Rock MODEL」のロゴが刻印されたプレートがあってカッコいいです。

全くもって標準的な仕様

ここからは、ようやくギター本体について。

LS160のカラーは「ヴァイオリン・フィニッシュ(VF)」です。

僕の主観ではこれがレスポールの標準的な色だと思っていて、その普通さが好みでした。

レスポールと言えばチェリーサンバーストなんかもありますが、あれは赤色がキツすぎて僕の好みではありません。

 

塗装はラッカー。

HERCULES製のスタンドには包帯を巻いて、そこに保管しています。何年もそういう環境ですが、塗装面のトラブルはありません。

ハードウェアの仕様も、全くもって普通だと思います。

 

ヘッドにもハードケース側面のプレートと同じく、「Love Rock MODEL」というロゴが入っています。

これをダサいと思う人もいるらしいのですが、僕は全く気にならないタイプです。

納得の国産クオリティ

肝心の楽器としてのクオリティはと言うと、僕のレベルからは文句のつけようがないですね。

なんというか、文句がないので逆に感想が浮かばないです。

レスポールはそもそも重かったりネックが太かったりするので、そういう特徴からくる弾きづらさはあるのですが、それを除外すれば弾きやすく感じます。

このギターでは表現しきれない高いレベルの何かというのは、僕にはちょっと想像が出来ないです。

僕は孤独なギタリストですので、友達にレスポールを弾かせてもらう機会はありません。

なのでLS160が他のレスポールと比べてどうこうというのは全く言えないのですが、一つ言えるのはLS160はかなり使える1本だということです。

壊れるか、相当お金に困るまで使うと思います。

 

この記事を見つけてくださった方は、レスポール、中でも国産のものに興味をお持ちだと思います。

僕個人の感想ですが、Tokai製の国産レスポールは自身を持っておすすめできます。

Tokaiのギターはある程度規模の大きい楽器屋さんには置いてある印象です。機会があれば探してみてください。