ストラトキャスターの弦交換の方法【解説】

この記事ではストラトキャスタータイプのギターの弦を交換する方法を解説します。

写真つきで丁寧に手順をご紹介しますので、ご覧いただけば初心者の方でも自分で出来るようになります。

まずは最後まで一通り読んで、全体像を理解したあとで作業を始めるのがおすすめです。

手順1.ギターを机などに置く【準備】

まずはギターを机など作業しやすいところに置きましょう。

ここで注意点が2つあります。

  • ギターの下にはタオルなどを敷いて、傷がつかないようにする
  • ヘッドに体重がかからないようにする

 

作業中はこの2つを意識しておいてください。

ギターを机に置く

手順2.バックプレートを外す

弦を触る前に、ボディ裏面のプレートを外しておきます。

外さなくても弦交換できなくはないですが、外した方が後で弦の抜き差しがラクになります。

ギターのバックプレートを外す

手順3.古い弦を取り外す

作業の準備が出来たら、今張ってある古い弦を外していきます。

テンションを緩める

まずはペグを回して全ての弦のテンション(張力)をゆるめましょう。

まともに音がならないくらい緩めてください。

弦が正しく張ってあれば、時計回りにペグを回すと弦が緩みます

張ってある弦を緩める

 

ストリングワインダーという道具があると速く回せて便利です。

弦交換に便利なストリングワインダー

MUSIC NOMAD ストリングワインダー MN221 MUSIC NOMAD ストリングワインダー レビュー【こだわりの高級品】

真ん中で弦をカット

十分に弦を緩めたら、真ん中のあたりをニッパーで切ります。

張力が強い状態で切るとギターにも悪い影響がありますし、弦が勢いよく外れて危ないです。

古い弦を真ん中で切る

弦を抜き取る

あとは2つに分かれた弦をそれぞれ外します。

古い弦をボディ裏から抜き取る

ヘッド側の弦を外すときは、手にケガをしないように気をつけてください。

軍手などを使うと、より安全です。

 

取り外した弦は下の写真のように丸めておくと捨てるときに便利です。

捨てる際は自治体のルールに従ってください。

取り外した古い弦は丸めておく

手順4.新しい弦を張る

ここからは、新しい弦を張る作業に入ります。

新しい弦を裏から差し込む

まずは先ほどとは逆の要領で、新しい弦をボディ裏から通します。

6本全部を先に通しましょう。

新しい弦をボディ裏から差し込む

 

6本全て通し終わったら、ギターをもう一度表向きに置きます。

新しい弦は折れないように気をつけてください。

新しい弦をボディの表に通す

 


ここから先はペグが縦穴式のケースをご紹介します。

縦穴式のペグとは、下の写真のように縦方向に穴が開いているペグです。

縦穴式のペグ

 

ギターよっては、横穴式のペグが使われていることもあると思います。

横穴式はその名の通り、ペグの横方向に穴が空いているタイプです↓

横穴式のペグ

横穴式の場合、下記の記事をご覧ください。ギターのタイプは違いますが、ペグ周辺でやることは全く同じです。

レスポールタイプのギター レスポールの弦交換の方法【解説】

弦を加工する

ここからの作業は6弦から順番に1本ずつ進めていきます。

 

縦穴式のペグに弦を巻くためには、弦を加工する必要があります。

まずは弦を真っすぐ伸ばして、巻きつけるペグから「およそペグ2個分」のところをつまんでください

ペグに通した弦をつまむ

 

次に、つまんだ部分を真下に90度折り曲げます

弦を90度に折り曲げる

 

そして、折り曲げたポイントから約2cmのところをニッパーで切ります

すると下のようになるはずです。これで弦の加工が完了しました。

2cm残して弦を切る

弦を巻きつける

ここから、ペグに弦を巻き付けていきます。

まずは、先ほどカットした部分をペグの穴に上からスポッと差し込みます。

先程の2cmという数字は、縦穴のだいたいの深さです。

ペグの縦穴に弦を入れる

 

弦の先が縦穴に入った状態で、ペグに巻きつけていきます。

このとき弦をしっかり押さえつけるのがコツです。押さえないと、弦を巻く途中で縦穴から弦が飛び出してしまいます。

ペグは反時計回りに回していきます。

弦を押さえ続けると指が痛くなるため、ストリングワインダーで一気に巻いてしまうのがおすすめです。

弦を押さえながらペグを回す

MEMO

縦穴式のペグでは、弦を巻いている途中で抜けてしまうことがよく起こります。

弦を正しく加工して、押さえ方を工夫すれば巻けます。最初は上手くいかないかもしれませんが、何度も自分でやることでコツが掴めます。

 

数周巻きつけると、弦から手を離しても縦穴から弦が抜けなくなります。

ある程度張力がかかったらその弦の作業は完了です。チューニングは後でまとめてするので、この時点でやる必要はありません。

弦を交換し終わった様子

手順6.チューニングして演奏できるようにする

この調子で6弦から1弦まで張り終わったら弦の交換作業そのものは終了です。

6弦全て交換した様子

 

全ての弦を張り終わったらチューニングをしましょう。

ストラトタイプの場合、最後のチューニングの段階で問題が起こることはまずないと思います。

下記の記事ではチューニングの基本的なやり方をご説明しています。

エレキギターのチューニング方法【初心者向け】

 

弦交換のあとは弦が伸び切っておらず、チューニングが安定しません。これは弦の性質であってギターの不具合ではないため安心してください。

「ストリングストレッチャ」と呼ばれる道具を使うと、音程が安定するまでの時間を早められます。

STRING STRETCHAの本体 STRING STRETCHA レビュー【チューニングの安定を早める道具】

 

最後にバックプレートをもとに戻したら全ての作業が終了です。おつかれさまでした。

ボディ裏のバックプレートを戻す

おわりに

以上、ストラトキャスタータイプのギターで弦交換する方法を解説しました。

ストラトをお使いの方の参考になれば幸いです。

あわせてどうぞ

以下の記事では、ストラトキャスターの調整方法を個別にまとめています。

必要に応じてご覧いただければと思います。

ブリッジのねじを回す方向の解説 ストラトキャスターのオクターブチューニングの方法【解説】 ストラトキャスターの弦高を調整する説明 ストラトキャスターの弦高調整の方法【解説】

 

下記の記事では、エレキギターの弦交換の方法を4つのパターンで分類しています。

今回の記事で紹介したやり方では対応できなかった場合、こちらをチェックしてみてください。

【エレキギターの弦交換】方法ごとに分類