MENU

全カテゴリ

フロイドローズの弦交換の方法【Ibanezを例に解説】

この記事では、フロイドローズ式のブリッジを持つギター(ロック式ギター)で弦交換する方法を解説します。

下のような複雑な形をしたブリッジを一般に「フロイドローズ」タイプと呼びます。

フロイドローズタイプのブリッジ

フロイドローズといっても色々なタイプがあり、それぞれ形が少しずつ違います。

しかし本質的な仕組みはどれも同じであるため、今回紹介する方法はほとんどの場合に参考にしていただけます。

フロイドローズの弦交換でお困りの方はぜひご覧ください。

変則的な張り方もおすすめ

フロイドローズには、ボールエンドを切らない変則的な弦交換もあります。

変則的な弦交換の方が手間やトラブルも少ないため、こだわりがなければこちらの張り方がおすすめです。

新しい弦をストリングポストに通した様子 フロイドローズで弦を逆に張る方法【ボールエンドを切らない】

フロイドローズの弦交換の手順

1.ロックナットを外す

まずはヘッドのネックの間についているロックナットの固定を外しましょう。

ロックナットを外す

六角レンチなどで反時計周りに回すと外れます。

外したナットは失くさないように保管しておいてください。

2.【重要】ブリッジの下に布をはさむ

ブリッジの下に厚手の布(タオルなど)をはさんでおくと、ブリッジが沈んでしまうのを防げます。

ブリッジの下に布をはさむ

この一手間はブリッジの角度を維持したり、弦がすっぽ抜けるのを防ぐのに有効です。

アームを使ってブリッジを思いっきり上げると、布を奥までしっかりとはさめられます。

3.弦をゆるめる

以上の準備ができたら、ペグを回して弦をゆるめましょう。

ペグを回して弦をゆるめる

音がまともに鳴らないくらい思いっきりゆるめてください。

 

ストリングワインダーを使うと手よりも簡単にペグを回せます。

ストリングワインダー

ストリングワインダーのおすすめ ストリングワインダーの比較とおすすめ【ギター向け3機種】

4.弦を外す

続いて古い弦を弦を外していきます。

まずはブリッジ側から。

フロイドローズではサドルに弦がロックされています。

※サドル…弦に直接触れているパーツ

六角レンチなどを使ってロックを解除し、弦を外しましょう。

ブリッジから弦を外す

 

同じ要領で6本とも外します。

ブリッジから取り外した弦

 

ストリングポストの方でも弦を外しましょう。

ストリングポストから弦を外す

※ストリングポスト…弦が巻きついているパーツ

巻きついている弦で手にケガをしないように気をつけてください。

5.新しい弦をブリッジに固定する

古い弦を外したところで、新しい弦を張る作業に移りましょう。

フロイドローズでは、弦のボールエンドを切り落として使います。

4~6の巻弦を切るときは、「太い部分を少し残す」のがポイントです。

弦のボールエンドを切り落とす

太い部分を少し残すと、中央の見えない軸の線がズレないメリットがあります。

1~3のプレーン弦については、太い部分がないのでそのまま切って大丈夫です。

 

ボールエンドを切った方の端を、サドルの穴に差し込みます。

新しい弦を固定する

このとき「穴の奥までしっかり差し込む」のを意識しましょう。

差し込みが浅いと後で弦がすっぽ抜ける原因になります。

奥まで差し込んだら、六角レンチなどを使ってサドルを固定します。

このとき馬鹿力で締める必要はなく、軽く締めたところから30~45度くらい締め込めばOKです。

 

同じ要領で6本とも固定します。

全ての弦をサドルに固定する

 

ここで「弦に軽く折り目をつける」のがポイントです。

弦に折り目をつける

あくまで軽くでかまいません。

こうして弦の方向性を決めておくと、弦のねじれやサドルから外れる現象を防げます。

6.新しい弦をストリングポストに巻く

続いてストリングポストの作業に移ります。

ナットの溝、ストリングポストの穴にまっすぐ弦を通し、4.5~5.5cmの部分をつまみましょう。

ストリングポストに通した弦をつまむ

長さは次の表が目安となります。

1,2弦4.5cm
3,4弦5.0cm
5,6弦5.5cm

これはあくまで目安なので、シビアになる必要はありません。

MEMO

このように長さを取っておくと、ストリングポストに巻きつく回数が多くなります。

すると、後で弦がすっぽ抜ける問題に直面した際に対処しやすくなります。

 

同じ部分をつまんだまま、弦をストリングポストまで戻します。

ストリングポストまで弦を戻す

 

そしてストリングポストを角として横に90度折り曲げます。

弦を横に90度折り曲げる

 

折り返した分も含めて弦を引っ張りながら、ペグを回します。

弦を引っ張りながらペグを回す

ストリングポストに対して弦が上から下へ巻きつくようにしましょう。

 

弦が1周くらい巻きついたら、折り返した分は離しても大丈夫です。

そこからは下の写真のように弦を押さえると正しく巻きつけやすくなります。

弦を巻きつけるときのコツ

ここからの作業では、余った方の弦が目に入らないように注意してください。

 

こういった手順で6本とも巻きつけましょう。

全ての弦をストリングポストに取り付け完了

この時点ではある程度の張力をかけるだけでよく、音程は気にしなくてOKです。

7.後処理

6本とも弦を張り終わったら、まずはチューニングをしてみましょう。

チューニング作業 フロイドローズ(ロック式ギター)のチューニング方法

重要なポイントとして、フロイドローズのギターでは何周もチューニングしないと音程が合いません。

これはフロイドローズの構造上、全ての弦が互い強くに影響し合っているからです。

弦を張った直後であれば、全体のバランスが取れるまでチューニングは5周以上必要になります。

これは故障ではないので安心してください。

弦が抜けた場合の対処法

チューニングをするうちに、サドルから弦が抜けてしまうことがあります。対処法について下の記事をご覧ください。

サドルから外れた弦 フロイドローズから弦が外れる問題とその対策

 

無事チューニングできたら、ストリングポスト側で余った弦をニッパーで切りましょう。

余った弦をニッパーで切る

余った弦を真上に向けてから切れば、弦を張った後でもヘッドの表面を掃除しやすくなります。

目安として余った弦は5mmくらい残せばOKです。

 

切り取った弦は下のように丸めておくと処分しやすいです。

処分する弦

自治体のルールに従って処分しましょう。

 

余った弦を切ると、その衝撃でチューニングがズレることがあります。

そのため、もう一度チューニングをしておきましょう。

最後のチューニング

クリップチューナーのおすすめ【初心者用から高精度モデルまで】

 

チューニングが合った状態でロックナットの固定を戻します。

ロックナットを戻して締める

これもちょっと力を入れるくらいで大丈夫です。

 

以上の弦交換の作業は完了です。おつかれさまでした。

弦交換が完了

弦交換からしばらくはチューニングが安定しません。

これは弦が伸び切っていないのが原因で、全てのギター、全ての弦で起こる現象です。

そのためチューニングが安定するまでは頻繁にロックナットを外してチューニングし直しましょう。

手で軽く引っ張ったり、ストリンストレッチャという道具を使ったりするとチューニングの安定を早められます。

ストリングストレッチャを使う

ストリングストレッチャ 【ストリングストレッチャの使い方】チューニングの安定を早める道具

フロイドローズの弦交換 おわりに

以上、フロイドローズ式のブリッジを持つギターで弦交換する方法を解説しました。

具体的なブリッジによって仕様は違いますが、本質的には同じ方法で弦交換できるはずです。

フロイドローズに限りませんが、弦交換の方法には絶対的な正解はありません。

いろいろな情報を見ると、それぞれ書いていることが少しずつ違うことに気づくでしょう。

そのためこの記事も参考の1つとして、他にもっと良い方法があればそちらも取り入れてみてください。

ロック式ギターをお持ちの方の参考になれば幸いです。

この記事で使用したギター:Ibanez S420

フロイドローズの関連記事

新しい弦をストリングポストに通した様子 フロイドローズで弦を逆に張る方法【ボールエンドを切らない】 サドルから外れた弦 フロイドローズから弦が外れる問題とその対策 フロイドローズの弦高調整方法 フロイドローズの弦高調整【Ibanezを例に解説】 ブリッジの角度が平行 Ibanezのギターのトレモロブリッジを水平にする方法 チューニング作業 フロイドローズ(ロック式ギター)のチューニング方法