MENU

全カテゴリ

ZOOM G1X FOURのファームウェアを更新する方法

ファームウェア更新が完了

この記事では、マルチエフェクター「ZOOM G1X FOURのファームウェアを更新する方法を解説します。

公式からも説明がありますが、今回はユーザー目線でより詳しく解説してみることにしました。

ファームウェアを更新すると、新しい機能が追加されたり不具合が修正されたりします。

購入したらまずは更新作業をしておくのがおすすめです。

これからファームウェアの更新をする方や、上手くいかない方の参考になればと思います。

検証環境

G1X FOUR 購入時期:2019年12月
バージョン:v1.10→v2.00
Windows 10 Home 64bit
日時:20191213

1.PCに普通に接続する

まずはG1X FOUR本体をPCに普通に接続し、Windowsの標準ドライバーをインストールします。

ファームウェア更新の前に、この1ステップが必要です。

作業の前に、PCからオーディオ機器などを全て外しておくのをおすすめします。

例えばオーディオインターフェースなどが接続されていると、G1X FOUR自体のセットアップが上手くいかない原因になります。

オーディオインターフェース

 

G1X FOURPCUSBケーブルでつなぎましょう。

片方がTYPE-A、もう片方がMicro-Bのケーブルを使います。

MicroUSBケーブル

G1X FOURのUSBジャック

このUSBケーブルは本体に付属していないため、別途用意してください。

 

このときは本体のボタンに触らずに、普通に接続します。

ファームウェア更新の際にはフットスイッチ2つを同時押ししながら電源をONにするのですが、それとは別なので注意しましょう。

USB接続は電源も兼ねているため、ACアダプターによる給電は必要ありません。

むしろUSB接続で電源のON・OFFを制御したほうが作業しやすいので、ACアダプターは使わないのがおすすめです。

 

接続するだけでWindows標準ドライバーのインストールが始まります。

これは要するに、PC上でG1X FOURを扱うための準備です。

インストールは全て自動なので、自分でドライバーのファイルを用意したり、手動でインストールしたりといったことは必要ありません。

Win10であれば右側の通知バーにセットアップの進行状況が表示されます。

Windows標準ドライバーのセットアップ

「デバイスの準備が出来ました」と表示されれば、標準ドライバーのインストールは完了です。

ここまでの作業が終わったら、一度PCからケーブルを抜き、G1X FOURの電源をOFFにします。

2.ファームウェア更新用ファイルを手に入れる

続いては、G1X FOURのファームウェアを更新するためのファイルを用意しましょう。

必要なファイルはZOOMの公式サイトで配布されています。

参考 G1 FOUR/G1X FOUR ダウンロードZOOM

「ファームウェア」と書かれたファイルを、ご自身のOSに合わせてDLします。

G1 FOUR/G1X FOUR 用のファイルダウンロード

今回はWindows用のファイルを選びました。

補足

「G1X FOUR」とエクスプレッションペダルがない「G1 FOUR」では、ファームウェア更新用のファイルが別です。間違った方を選ばないように注意してください。
僕は間違って「G1 FOUR」の方を選んでしまい、後でインストールが上手くいかなくなりました。

 

DLしたファイルを展開(解凍)すると、下のようなファイルが見つかります。

ファームウェア更新用のファイル

この中のexe(実行)ファイルが、G1X FOURのファームウェアを更新するためのソフトです。

これでファイルの準備が出来ました。

3.G1X FOURをもう一度接続する

ここでG1X FOURをもう一度PCに接続しましょう。

ただし先ほどの場合とは違い、ファームウェア更新用のモードで起動します。

2つのフットスイッチを同時に押しながらPCに接続してください。

フットスイッチを同時押ししながら起動する

 

すると、下のようにファームウェア更新用のモードで起動できるはずです。

ファームウェア更新モードで起動

4.ファームウェア更新ソフトを使う

この状態で、先ほど用意したファームウェア更新用のソフトを起動しましょう。

すると下のようなウインドウが出てきます。

ファームウェア更新ソフトを起動

まず「MIDI IN」と「MIDI OUT」の両方でZOOM G Seriesを選びます。

これはG1X FOURのことで、PCに正しく接続できていれば選べる項目の中に見つかるはずです。

「ZOOM G Series」が見つからない場合は「Rescan Device」を試してみてください。

 

Excute」をクリックすればファームウェアの更新が始まります。

ファームウェアの更新中

 

下のように表示されたらファームウェア更新が失敗しています。

ファームウェア更新が失敗

上にも書いたように、僕の場合「G1 FOUR」用のファイルを間違って使っていて失敗してしまいました。

上手くいかないときは、次の点をもう一度チェックしてみてください。

  • Windowsの標準ドライバーは入っているか
  • オーディオインターフェースなどを接続していないか
  • 使うファイルを間違っていないか

 

Version update completed.と表示されれば更新は完了です。

ファームウェア更新が完了

僕の場合はほとんど一瞬で終わりました。時間はそれほどかからないはずです。

あとは「Exit」でソフトを終了し、G1X FOURPCから外します。

これでファームウェア更新の作業はすべて終了です。

 

最後に、ファームウェアが更新されたかどうかチェックしてみましょう。

RHYTHM」ボタンを押しながら電源をONにすると、バージョン情報が確認できます。

ファームウェアのバージョンを確認

今回の検証では、「SYSTEM」がV1.10からV2.00になりました。

確かに更新できています。

おわりに

以上、マルチエフェクター「ZOOM G1X FOUR」のファームウェアを更新する方法を解説しました。

追加の機能を使ったり不具合を修正するために、G1X FOURを購入したらまずはファームウェアを更新しておくのをおすすめします。

公式の解説よりも細かいポイントまで扱ったので、上手くいかない方の参考にもなれば幸いです。

multi-recommend-eyecatch 初心者向けマルチエフェクターの比較とおすすめ5選【エレキギター用】 ZOOM G1X FOUR 【ZOOM G1X FOURレビュー】高コスパを誇る1万円のマルチエフェクター 【BOSS GT-1レビュー】アンプの前で使うべき2万円のマルチエフェクター MOOER GE150 【MOOER GE150レビュー】IR読み込み可能な2万円のマルチエフェクター ZOOM MS-50G 【ZOOM MS-50Gレビュー】ペダルサイズのマルチエフェクター