MENU

全カテゴリ

Softubeのプラグインの体験版を使う方法

softube-trial-eyecatch2

今回は、Softubeで販売されているプラグインの体験版を使う方法を解説します。

Softube(ソフチューブ)からは各種のプラグインが販売されており、それらはフリーのデモ版として一定期間お試しができます。

デモ版の導入方法が分かりづらく複雑だったので、まとめることにしました。

先に全体の手順を書くと次のとおりです。

  1. Softubeでアカウント作成・ログイン
  2. プラグインの体験版を登録
  3. iLokと連携
  4. Softube Centralのインストール
  5. Softube Installer Helperのインストール
  6. プラグインのインストール
  7. プラグインのアクティベート

かなり長い内容になるので、目次を見ながら必要な部分だけでも参考にしていただければ幸いです。

この記事では、過去にSoftubeを使ったことがないことを前提とし、下の環境での手順を解説していきます。

検証環境

検証日時:2020年2月27日
PC:Windows 10 Home 64bit

1 . Softubeでアカウント作成・ログイン

まずは下のURLからSoftube本家の海外サイトにアクセスします。

https://www.softube.com/

日本向けのサイトからでは体験版がDLできないので注意してください。つまづきやすいポイントです。

 

アクセスしたら、上の方にある「LOGIN」をクリック。

Softubeの公式ページ

 

アカウントがない場合は右側の項目を埋めて「SIGN UP」をクリック。ZIP / POST CODEには郵便番号を書きましょう。

Softubeのアカウント作成

 

すると入力したEメールアドレスに確認用のメールが届きます。「ACTIVATE MY ACCOUNT」をクリック。

SoftubeからのEメール

 

SoftubeのWebページが開いて「Your account ~」という緑のバーが表示されればアカウントの作成は完了です。

アカウントの作成が完了

2 . プラグインの体験版を登録

ログインできた状態で、今度は「PRODUCTS」をクリック。

PRODUCTSをクリック

 

体験版を使いたいプラグインを選びましょう。

今回はアンプシミュレータ「Marshall Plexi Super Lead 1959」を選んでみます。

プラグインを選ぶ

 

スクロールすると「TRY NOW」というボタンがあるので、これをクリック。

TRY NOWをクリック

 

「A demo license ~」と表示されれば、アカウントに体験版が登録されたことになります。

体験版の登録が完了

3 . iLokと連携

続いて「MY ACCOUNT」をクリック。

MY ACCOUNTをクリック

 

すると「iLok」というシステムとの連携が必要だと表示されます。iLokとはSoftubeのプラグインのライセンス管理を行うシステムです。

まずは「CONNECT OR CREATE ~」をクリック。

iLokとの連携

 

iLokに登録したことがない場合は左側の「CREATE ILOK ACCOUNT」をクリック。表示されているメールアドレスで登録されます。

iLokのアカウントを作成

 

「iLok Connecstion Active」と表示されれば、SoftubeとiLokの連携が完了です。

iLokとの連携が完了

4 . Softube Centralのインストール

iLokとの連携ができたら、再びMY ACCOUNT内のMY PRODUCTSに戻ります。

すると今度は先ほどと違いダウンロードリンクがあるはずなので、OSに合ったダウンロードリンクをクリック。

ファイルをダウンロード

 

現状ライセンス管理には2パターンの方法があるとのことですが、今回は「Softube Central」というソフトを使うことにします。

一番最初の「here」をクリックするとファイルのDLが始まります。

ファイルをダウンロード

 

DLしたファイルを実行すると、Softube Centralのインストールが始まります。

ライセンス条件を確認した上で「同意する」をクリック。

Softube Centralのインストール

 

Softube Centralのインストール自体はすぐに終わるはずです。下のアイコンが出てくれば、正しくインストールできています。

Softube Centralのアイコン

5 . Softube Installer Helperのインストール

インストールしたSoftube Centralを起動しましょう。

すると今度はまた新しいソフトのインストールが必要だと言われます。

次にインストールすることになるのは、iLokによるライセンス管理を行う「Softube Installer Helper」というソフトです。

まずは「INSTALL」をクリック。

Softube Installer Helperのインストール

 

「Next >」をクリック。

Softube Installer Helperのインストール1

 

内容を確認して「I Agree」をクリック。

Softube Installer Helperのインストール2

 

そのままで「Next >」をクリック。

Softube Installer Helperのインストール3

 

プラグインのインストール先を指定して「Install」をクリック。

Softube Installer Helperのインストール4

インストール先のフォルダは最初のままでもおそらく問題ありませんが、

C:\Program Files\VstPlugIns

にしておくと後で見つけやすいのでおすすめです。

 

「Finish」をクリックすればSoftube Installer Helperのインストールは完了です。

Softube Installer Helperのインストール5

6 . プラグインのインストール

再びSoftube Centralに戻ると、ソフトを使う準備ができています。次は体験版のプラグインをインストールしましょう。

まずは「START」をクリック。

STARTをクリック

 

最初にSoftubeにログインしたときと同じアドレス・パスワードを入力して「SIGN IN」

Softube Centralでログイン

 

ログイン後に「Not Installed」タブに移動します。

すると「Fetching Information」と表示されているはずです。情報を更新している最中なので、表示が変わるまで少し待ちましょう。

情報が更新されるまでしばらく待つ

 

そのうち製品情報が更新されて、先ほど登録したプラグインが表示されます。その製品の「INSTALL」をクリック。

プラグインをインストールする

 

下の画面になれば体験版のインストールは完了です。

プラグインのインストールが完了

7 . 体験版のアクティベート

体験版のプラグインをDAW上で読み込もうとすると、アクティベートを求められます。

ここでいうアクティベートとは、20日ある試用期間を始めることを指します。

 

DAWを起動して体験版のプラグインがスキャンされると、下のようなウインドウが出てくるはずです。

まずは「Activate」をクリック。

プラグインのアクティベート

 

ログインを求められます。

ライセンス管理システムにログイン

SoftubeのIDとパスワードだとおそらくエラーが出るのではないかと思います。

というのもここでログインするのはSoftubeのソフトではなく、iLokのライセンス管理システムだからです。

ここまでの作業ではiLokのパスワードは設定していないので、「Forgeot Password or User ID?」からパスワードを設定しましょう。

Softubeと共通のメールアドレスと、新しく設定したiLokのパスワードでログインできるはずです。

 

ログインできたら、アクティベートしたいプラグインを選んで「Next」

アクティベートするプラグインを選ぶ

 

ここはそのまま「Next」をクリック。

アクティベートするロケーションを選ぶ

 

「Continue」をクリックすれば体験版のアクティベートは完了です。

アクティベート完了

プラグインの使い方:CUBASE 10の場合

プラグインの使い方についても、CUBASE 10を例に簡単に解説しておきます。

まずはオーディオトラックを作成し、「e」ボタンをクリック。

オーディオトラックにプラグインを適用

 

出てくるウインドウの中に「Inserts」という項目があります。ここの空白のスロットをクリック。

Insertsのスロットをクリック

 

先ほどアクティベートしたプラグインがどこかのカテゴリにあるはずです。探して選びましょう。

例えば今回選んだ「Marshall Plexi Super Lead 1959」は「Distortion」カテゴリの中にありました。

体験版のプラグインを選ぶ

 

プラグインのウインドウが出てくれば、使う準備は完了です。おつかれさまでした。

体験版のプラグイン

Softube 体験版の使い方 まとめ

以上、Softubeのプラグインの体験版の使い方を解説しました。

まとめると、全体像は次のとおりです。

  1. Softubeでアカウント作成・ログイン
  2. プラグインの体験版を登録
  3. iLokと連携
  4. Softube Centralのインストール
  5. Softube Installer Helperのインストール
  6. プラグインのインストール
  7. プラグインのアクティベート

プラグインの扱いに慣れている方であれば、ほとんど困らずに導入できるのではないかと思います。

何か引っかかったときなど、この記事が部分的にでも参考になれば幸いです。

【Softube公式】https://www.softube.com/

アンプシミュレータの関連記事

simulator-recommend-eyecatch エレキギター向けアンプシミュレータPCソフトの比較とおすすめ BIAS FX 2の画面 【BIAS FX 2 レビュー】初代からさらに進化した高音質ギタープラグイン BIAS DEMO BIAS FX/AMP 体験版をダウンロードして使う方法 amplitube4-review-eyecatch 【AmpliTube4 レビュー】ブランド公認モデルが素晴らしいシミュレータソフト amplitube4-trial-eyecatch AmpliTubeの体験版(フリー版)の使い方

おすすめ記事

オーディオインターフェースのおすすめ 【2020】1台目のオーディオインターフェースおすすめ3機種 PCとギターを接続する エレキギターとPCを接続する方法【オーディオインターフェースを使う】 aviutl YouTubeにアップする弾いてみた動画の作り方 マルチエフェクター マルチエフェクターでエレキギターを録音する手順【解説】 シミュレータソフトの例 自宅でエレキギターの録音をする方法まとめ【アマチュア向け】