MENU

全カテゴリ

GE150のファームウェアを更新する方法

GE150がアップデートモードになった

この記事では、「MOOER GE150」でファームウェアを更新する方法を解説します。

公式に詳しい情報がないようなので、まとめることにしました。

ファームウェアを最新版にしておくと、PC上のエディタが使えるようになります。

GE150をフル活用するためにもぜひ更新しておきましょう。

注意:ファームウェアを更新するとプリセットがリセットされます。読み込んだIRはそのまま。

検証環境
  • OS:Windows 10 64bit Home
  • GE150 V1.0.3からV1.1.0へ更新
  • 検証日時:2019年10月16日

1.もともとのバージョンを確認する

まずは更新前のバージョンを確認しておきましょう。

SYSTEM」ボタン→「RESET」と進むと、現在のバージョンが分かります。

GE150のRESETメニューに入る
(ディスプレイの内容が見やすいようにあえて画像を暗くしています)

 

今回の検証では、アップデート前のバージョンはV1.0.3でした。

GE150のバージョン(更新前)

(他に「OTG VERSION」というバージョンもありますが、今回の検証ではこちらは変わりませんでした)

2.GE150用ソフトをDLする

(既にDL&インストール済みの方は飛ばしてOKです)

GE150用のソフトはMOOERの公式Webサイトから配布されています。

まずはこちらのGE150製品ページにアクセスしてください↓

http://www.mooeraudio.com/product/GE150-228.html

 

だいぶ下の方にソフトのDLリンクがあります。OSに応じてファイルを選んでDLしましょう。

GE150用のソフトをDLする

MEMO

SUPPORTのページからもDLできます。Webサイトの構造が変わってしまった場合などに試してみてください。

http://www.mooeraudio.com/companyfile/GE150-Downloads-146.html

別なソフトDLリンク

今回はWindows10で検証したので、WIN版を選びました。

DLしたファイルは解凍(展開)しておきます。

3.ソフトをインストールする

DLして解凍したファイルを実行します。これはGE150用ソフトのインストーラーです。

GE150用ソフトのインストーラー

MEMO

展開したファイルが実行ファイルになっていないときがあります↓

exeではないファイル

 

この場合はファイル名の最後に「.exe」をつけてみてください。すると実行ファイルとして扱える状態になります。

実行ファイルに書き換える

 

 

インストール作業で特に注意すべきことはありません。次のとおり進めましょう。

最初の画面では「Next >」をクリック。

GE150用ソフトのインストール1

 

 

インストール先のフォルダを指定して「Next >」をクリック。
(基本的にそのままでOK)

GE150用ソフトのインストール2

 

アイコンを作っておくと便利なので、チェックを入れて「Next >」をクリック。

GE150用ソフトのインストール3

 

インストールする内容を確認して「Install」をクリック。

GE150用ソフトのインストール4

 

「Finish」をクリックすればインストール完了です。

GE150用ソフトのインストール5

4.GE150をアップデートモードで起動する

GE150には2つのモードがあります。

ここでは便宜上それらを「普通のモード」と「アップデートモード」と呼ぶことにします。

ファームウェアを更新するのに使うのがアップデートモードです。

その状態にするには、2つのフットスイッチを押しながら電源を入れます

2つのスイッチを押しながら電源を入れる

 

画面にUpdatingと表示されれば、アップデートモードになっています。

GE150がアップデートモードになった

 

続いてUSBケーブルでGE150PCを接続します。

GE150をUSB TYPE-Bで接続する

使うのはUSB TYPE-B(大きい方)です。Micro-Bでつないでも、ファームウェアの更新はできません。

これで準備は完了です。

5.ソフトを使ってファームウェアを更新する

この状態で先ほどインストールしたソフトを起動します。

下のような画面が出てくれば、アップデートの準備が正しくできています。

STARTをクリックしましょう。

GE150のファームウェア更新1

MEMO

GE150が認識されていないと、次のように「デバイスが見つかりません」という意味のメッセージが出てきます。

デバイスが見つからない場合

 

緑のゲージが伸びていく間、しばらく待ちましょう。

GE150のファームウェア更新2

 

Update Successfulと表示されればアップデートは完了です。

GE150のファームウェア更新3

6.バージョンを確認する

ここまで進めたら、もう一度バージョンを確認してみましょう。

同じように「SYSTEM」→「RESET」と進みます。

今回の検証では、もともとV1.0.3だったのがV1.1.0に変わりました。

ファームウェア更新後のバージョン

確かに更新できています。

一方、今回の検証ではOTG VERSIONの方は変わらずでした。

おわり

以上、「MOOER GE150」でファームウェアを更新する方法を解説しました。

ファームウェアを最新にすると、PC上でのエディタが使えるようになります。

おそらくGE150を買った人ならそのうちやることになる作業だと思います。

ぜひ参考にしてください。

multi-recommend-eyecatch 初心者向けマルチエフェクターの比較とおすすめ5選【エレキギター用】 MOOER GE150 【MOOER GE150レビュー】IR読み込み可能な2万円のマルチエフェクター 【BOSS GT-1レビュー】アンプの前で使うべき2万円のマルチエフェクター ZOOM G1X FOUR 【ZOOM G1X FOURレビュー】高コスパを誇る1万円のマルチエフェクター ZOOM MS-50G 【ZOOM MS-50Gレビュー】ペダルサイズのマルチエフェクター