MENU

全カテゴリ

Bm(Bマイナー)コードの押さえ方【ギター】

Bマイナーの押さえ方

Bm(Bマイナー)で押さえる場所は次のとおりです。

Bマイナーの押さえ方

MEMO

Bmをはじめとするハイコードは難しいので、まずはCメジャーGメジャーAマイナーといったローコードから練習しましょう。

 

Bmに出てくる音(構成音)は、

  • B(シ):ルート音
  • D(レ)
  • F#(ファ#)

の3つです。

Bマイナーの構成音

音声はこちら。

 

何の音がどこで鳴っているかを覚えるのは後からでも構いません。

まずはどこを押さえるのかを覚えましょう。

Bm(Bマイナー)を押さえるコツ

続いて、Bマイナーを押さえる方法とコツについて解説します。

もう一度表で確認すると、次のように指を使っています。

Bマイナーの押さえ方
(再掲)

BmはFメジャーによく似ています。

そのためFメジャーを既にマスターしている方は、以下の説明のほとんどは不要かもしれません。

 

Bmを押さえる際のポイントは次の3つです。

  • 手の甲を前に突き出す
  • 人差し指で複数の弦を押さえる
  • 人差し指の先で6弦に軽く触れる

手の甲を前に突き出すフォーム

Bmを押さえる上で、手の甲を前に突き出すのが重要です。

Bマイナーを押さえる様子(正面から)

はネックを握り込むコードが多いですが、Bmはそれらとは違います。

 

演奏者の視点から見るとこのようになっています。

Bマイナーを押さえる様子(演奏者視点)

手の甲を突き出すためには、親指の腹をネックの裏側に当てるのがコツです。

人差し指で複数の弦を押さえる

Bmの押さえ方をもう一度確認すると、次のとおりです。

Bマイナーの押さえ方

人差し指だけで1弦と5弦を押さえることになります。

このように、1本の指で複数の弦を押さえることを「セーハする」といいます。

最初は1弦をしっかり鳴らすのが難しく感じるでしょう。

いきなり完璧に弾くのは無理なので、まずは1本ずつ正しく鳴らせるように練習してみてください。

人差し指の先で6弦に軽く触れる

Bmを弾く際には、6弦は使いません。

そのため人差し指の先で6弦に軽く触れることで、音が出ないようにします。

よって人差し指は音を出す弦と出さない弦のどちらも扱うことになります。

【発展】Bmの別なポジション

Bmには次のようなポジションもあります。

Bmの別なポジション

これはFm(Fマイナー)をそのまま6フレット右に移動した形です。

Fマイナーの押さえ方 Fm(Fマイナー)コードの押さえ方【ギター】

Bマイナー(Bm)のまとめ

以上、ギターでコード「Bマイナー(Bm)」を押さえる方法を解説しました。

押さえ方の要点をもう一度まとめると次のとおりです。

  • 手の甲を前に突き出す
  • 人差し指で複数の弦を押さえる
  • 人差し指の先で6弦に軽く触れる

6弦のミュート以外は、Fメジャーとよく似た形になっています。

バレーコードの練習はBmとFメジャーを並行してやるのがおすすめです。

ぜひマスターしてください。