MENU

全カテゴリ

無料のDAWソフトCakewalk by BandLabのインストール方法

cakewalk-eyecatch2

PCで楽曲制作(DTM)をするにあたって欠かせないのがDAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれるソフトです。

これは楽曲制作の作業場にあたるソフトで、録音や編集、オーディオファイルの書き出しなど様々な機能を持っています。

多くのDAWは有料ですが、中には無料で使えるものもあり、その1つが「Cakewalk by BandLab」です。
(以下、Cakewalk)

Cakewalkでも十分な楽曲制作ができるため、初学者がいきなり1万円以上出してDAWソフトを買う必要はありません。

そこでこの記事では、Cakewalkをインストールする方法を解説します。

次のような方はぜひご覧ください。

  • Cakewalk by BandLabを使いたい
  • 無料で十分な機能を持ったDAWソフトを探している

【参考】Cakewalk by BandLab | BandLab Products

Cakewalk by BandLabとは

Cakewalkの画面

まずはCakewalk by BandLabについて簡単に紹介したいと思います。

インストール方法だけ知りたい方は読み飛ばしても大丈夫です。

無料で使える

Cakewalkは無料で使えるDAWソフトです。

BandLabにアカウントを作れば誰でも使えます。

もともと「SONAR」という有料DAWソフトがあり、その開発が終了したり、知的財産権が移動したりした結果、今では無料で提供されるようになりました。

4つのアドオンが付属

Cakewalk by BandLabには4つのアドオン(追加機能)が用意されています。

  1. Studio Instruments Suite
  2. Drum Replacer
  3. Melodyne(試用版)
  4. Theme Editer

Studio Instruments Suite

Studio Instruments Suiteは、ドラム、ベース、ピアノ、ストリングスの4つのソフトウェア音源です。

Studio Instruments Suite

ソフトウェア音源を使うことで、楽器を実際に持っていなくてもDAW上で音を再現できます。

PCだけで楽曲を作るにはこういったソフトウェア音源が欠かせません。

楽曲制作のソフトが揃っていない場合には非常に役立ちます。

Drum Replacer

Drum Replacerは録音したドラムの音声について、スネアなど特定のパーツの音を置き換える(Replace)するアドオンです。

オーディオトラックに対して

右クリック→Region FX→Drum Replacer

で使えます。

生のドラムの音を録音をして、なおかつ凝った編集をしない限り使う機会はありません。

Melodyne

Melodyneは、録音した音声を後から編集する機能です。

Melodyne

4つアドオンのうちMelodyneだけは30日間の試用版となっています。

これもよほど凝った編集をしない限り出番はありません。

下のページではMelodyneが詳しく紹介されています。気になった方は参考にしてみてください。

【参考リンク】Melodyneとは?

Theme Editer

Theme Editerは、Cakewalkの画面をカスタマイズするのに使います。

普通に使う分にはそのままの画面で何の問題もないので、Theme Editerも基本的には不要。

Windows専用

Cakewalkに1つ制約があるとすれば、64bitのWindows専用だということです。

Macでは使えません。

32bitのWindowsを使っている人はほぼいないと思いますが、bit数にも制限があります。

Cakewalk by BandLabをインストールする手順

ここからはCakewalk by BandLabをインストールする手順を1つひとつ紹介します。

大まかな流れは次のとおりです。

  1. BandLab Assistantをインストールする
  2. Cakewalk by BandLabをインストールする

1 . BandLab Assistantのインストール

まずはBandLab Assistantのインストールから始めましょう。

これ自体はDAWソフトではなく、Cakewalkをインストールするためのソフトです。

 

下のリンクから、Cakewalkの製品ページにアクセスします。

Cakewalk by BandLab | BandLab Products

 

ページの中にある「DOWNLOAD」ボタンをクリック。

DOWNLOADをクリック

 

ダウンロードされる実行ファイルをクリック。

exeファイルをクリックする

 

するとBandLab Assistantが起動します。

ほとんどの場合Cakewalkのアカウントはないはずなので、下の「Sign Up」をクリック。アカウントがあれば「Log In」。

Bandlab Assistantのログイン画面

 

Sign Upを選ぶとWebブラウザが立ち上がります。

ここでアカウントを作成しましょう。入力するのは名前、メール、パスワードの3つだけです。

Bandlabのアカウントを作成

 

下の画面になればアカウントの作成は完了です。

アカウント作成が完了

 

ここで再びBandLab Assistantに戻りましょう。

先ほど入力したアドレスやパスワードを入力し、ログインします。

Bandlabにログイン

 

下のような画面になればログイン成功です。

Bandlab Assistantの画面

2 . Cakewalk by Bandlabのインストール

ここからはDAWソフトであるCakewalkをインストールしていきましょう。

まずはBandlab Assistantで「Apps」タブを開き、Cakewalkの「Install」をクリック。

AppsタブからCakewalkをインストールする

 

するとCakewalkと一緒にインストールするアドオンが選べます。

必要なものにチェックを入れて「Install」をクリック。

インストールするアドオンを選ぶ

ほとんどの場合、ソフトウェア音源「Studio Instruments Suite」だけでいいと思います。

すでにお気に入りのソフトウェア音源を持っている方は、それさえもなくて大丈夫です。

今回は全てインストールしてみます。

 

Cakewalk本体→アドオンの順にインストールが始まります。

インストール中

Cakewalk本体のインストール

最初はCakewalk本体のインストールから始まります。

言語を選んで「OK」をクリック。

Cakewalkのインストール1

 

「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリック。

Cakewalkのインストール2

 

特別な理由がなければ「標準」を選んで「次へ」

Cakewalkのインストール3

 

インストール先のフォルダも特別な理由がなければそのままで、「次へ」

Cakewalkのインストール4

 

内容を確認して「インストール」をクリック。

Cakewalkのインストール5

 

「完了」をクリックしてCakewalkのインストールはお終いです。

Cakewalkのインストール6

「View Current ~ 」はソフトのリリース情報を見る項目なので、チェックは外して大丈夫です。

アドオンのインストール

そのまま自動的にアドオンのインストールが始まります。

アドオンのインストール

Melodyneのみインストールの設定ウインドウが出てきますが、特に注意する点はありません。

Cakewalkを起動する

こうして最終的に、次の3つのアイコンがデスクトップに作られます。

作られるアイコン

 

これで全ての準備ができたので、Cakewalk by BandLabを起動してみましょう。

下のような画面になれば、正しくインストールできて使える状態になっています。

Cakewalkの起動画面

おわりに

以上、DAWソフト「Cakewalk by BandLab」のインストール方法を解説しました。

Cakewalkは無料にも関わらず、基本的なことは何でも出来てしまいます。

「楽曲制作を始めたいがDAWソフトを持っていない」という方は、まずはCakewalkを使ってみるのがおすすめです。

他のDAWに乗り換えたとき、具体的な操作方法は変わっても、Cakewalkで培った本質的な知識は無駄になりません。

Cakewalkを使い始める方の参考になれば幸いです。

ソフトウェアの関連記事

simulator-recommend-eyecatch エレキギター向けアンプシミュレータPCソフトの比較とおすすめ BIAS FX 2の画面 【BIAS FX 2 レビュー】初代からさらに進化した高音質ギタープラグイン amplitube4-review-eyecatch 【AmpliTube4 レビュー】ブランド公認モデルが素晴らしいシミュレータソフト

ソフトウェアの記事を見る

おすすめ記事

オーディオインターフェースのおすすめ 【2020】1台目のオーディオインターフェースおすすめ3機種 PCとギターを接続する エレキギターとPCを接続する方法【オーディオインターフェースを使う】 aviutl YouTubeにアップする弾いてみた動画の作り方 マルチエフェクター マルチエフェクターでエレキギターを録音する手順【解説】 シミュレータソフトの例 自宅でエレキギターの録音をする方法まとめ【アマチュア向け】