【Donner Morpher レビュー】3000円の中華製riot。1台目の歪みにおすすめ

Donner Morpher

今回は、中華ブランドDonnerのディストーションペダルMorpherのレビューです。

MorpherはSuhrのディストーションペダルriotのクローンなため、普通に使える音がします。

値段も3000円なため、riot系の音を安く手に入れたい方にはおすすめです。

値段と音を考えると、これから1台目のエフェクターを買う方にも良い選択肢だと思います。

メリット

riot系の音を3000円で

Morpherの一番のメリットは、riot系のカッコいいディストーションサウンドを3000円という低価格で実現してしまっているところだと思います。

このコスパはクローンじゃないと不可能なレベルですね。

riotのクローンであることに関係なく、普通に使える音です。基盤をマネしているのですから当然といえば当然なんですけどね。

本家riotは2万円以上するので、それ系の音を出してみたいくらいの気持ちならクローンで十分かと。中華ブランドだからといってあなどれません。

 

riotのクローンにはMorpherの他に、JOYOのUS DREAMがあります。

JOYO US DREAM

私はどちらも持っているため弾き比べることが出来ました。

ぶっちゃけるとこの2つの音の違いはほとんど分かりません。

そういうわけで音はほとんど同じなのですが、値段の点ではUS DREAMが4000円程度なのに対してMorpherが3000円になっています。

電池が使える・使えないなど細かい違いはありますが、これならMorpher一択かなと思います。

これについては、US DREAMのレビューでも同じことを書きました。

チープな感じはしない

中華製で3000円というとなんだか安っぽい先入観を持ってしまいますが、別にチープな感じはしないです。

音についてもそうですし、筐体(きょうたい)やツマミも割としっかりしています。

donner morpherの外観

これを日本で3000円で売る。どうやったら成り立つのか私にはちょっと分かりません。恐るべし中国。

安いので1台目におすすめ出来る

クローンうんぬん以前に、Morpherの音は扱いやすい部類だと思います。例えばDS-1のような強いクセはありません。

そして値段も安いため、これから初めてエフェクターを買うという方にはなかなか良い選択肢だと思いました。

そりゃあ1万円や2万円出せば素晴らしいエフェクターが手に入りますが、いきなりそこまでの金額はかけづらいですよね。

Morpherは新品でも3000円くらいなので、エフェクターの中ではかなり手が出しやすい部類だと思います。

中華製のクローンが1台目というのはなんだか夢のない話な気もするのですが、そういう部分が気にならないならおすすめです。

ちなみに通販だとAmazon以外見かけません。
(流通経路を絞ってコストを下げているんでしょうか)

デメリット

3wayスイッチは微妙

Morpherには、本家riotの「vioce」スイッチのように3wayスイッチがついています。

donner morpherのツマミとスイッチ

触った感じだと、真ん中以外は音がぼやけて使いにくい印象。私が使いこなせていないだけかもしれませんが…。

なので3wayスイッチにはあまり期待しない方がいいと思います。

ちなみに、JOYOのUS DREAMにはそもそも3wayスイッチはありません。

フット・スイッチがやたら固い

私の個体だけなのかもしれませんが、フットスイッチがやたら固いです。

「ガッチン!」と押さないと切り替えできません。こんなに固いのは見たことがない。

ライブなど実践では問題になるかもしれませんが、私の場合は自宅で弾いているだけなので何の問題もありません。

おわりに

以上、DonnerのディストーションペダルMorpherのレビューでした。

あくまで本物にこだわるのであればやはりsuhr riotを買ったほうがいいと思いますが、Morpherも普通に良い音です。クローンであることに関係なくおすすめします。

今買うならJOYOのUS DREAMよりもこっちですね。

 

下記の記事ではおすすめのディストーションペダルを紹介しています。

使えるディストーションをお探しの方はぜひご覧ください。

【エレキギター】おすすめのディストーションエフェクターまとめ