MENU

全カテゴリ

Em(Eマイナー)コードの押さえ方【ギター】

Em(Eマイナー)で押さえる場所は次のとおりです。

Eマイナーの押さえ方

 

Emに出てくる音(構成音)は、

  • E(ミ):ルート音
  • G(ソ)
  • B(シ)

の3つです。

Eマイナーの構成音

音声はこちら。

 

何の音がどこで鳴っているかを覚えるのは後からでも構いません。

まずはどこを押さえるのかを覚えましょう。

Em(Eマイナー)を押さえるコツ

続いて、Emを押さえる方法とコツについて解説します。

もう一度表で確認すると、次のように指を使っています。

Eマイナーの押さえ方
(再掲)

 

Eメジャーから指を1本外すだけでEmになります。

そのためEメジャーを難なく押さえられる場合、Emもすぐに弾けるようになるはずです。

Eメジャーを押さえるのに使う指 Eメジャーコードの押さえ方【ギター】

 

Emは単純なため、これといって特に注意することはありません。

しいて言えば次の2点を意識するとすぐに覚えられます。

  • 1,2,3弦には触らない(特に1弦)
  • 6弦にも触らない

1,2,3弦に触らない

Eマイナーでは4,5弦だけを押さえます。

そのときに気をつけたいのが、手のひらや指の途中で1~3弦に触れないようにすることです。

特に人差し指の付け根が1弦に触れてしまうことがよくあります。

人差し指は今回使わないので、邪魔にならないようにネックから離しておきます。

 

こちらはEmを押さえた様子です。

Eマイナーを押さえる様子(正面から)

親指以外がネックに覆いかぶさっていますが、1~3弦には触れていません。

アーチ橋のように跨(また)いでいます。

6弦に触らない

Emを押さえる際は親指がネックの裏から飛び出す形になります。

Eマイナーを押さえる様子(演奏者視点)

ここでは、親指が6弦に触れないように注意してください。

Cメジャーなど、親指で6弦をミュートするコードは多いですが、Emはその逆です。

5弦を押さえる中指も、6弦に触らないようにしましょう。

【発展】Em(Eマイナー)の別なポジション

Emは次のようなポジションでも押さえられます。

Emの別なポジション

これはBm(Bマイナー)をそのまま5フレット右に移動した形です。

Bマイナーの押さえ方 Bm(Bマイナー)コードの押さえ方【ギター】

Em(Eマイナー)のまとめ

以上、ギターでコード「Em(Eマイナー)」を押さえる方法を解説しました。

押さえ方の要点をもう一度まとめると次のとおりです。

  • 1,2,3弦には触らない(特に1弦)
  • 6弦にも触らない

Emはよく出てくる上に、押さえるのが最も簡単なコードの1つです。

一番最初に練習するコードにはEmがおすすめです。